[個人情報保護基本方針]


中部電力生活協同組合は、個人情報を適正に取り扱い、その保護を図ることが社会的責務であると認識しております。
 当組合は、その責務を果たすために、法令等を遵守するとともに、「個人情報保護基本方針」を定め、個人情報の保護に積極的に取組みます。

1.個人情報の利用目的
 当組合は、当組合が取得・保有する個人情報の利用目的を定め、公表いたします。
 また、取得した個人情報は、利用目的の範囲内で、当組合の業務を適切かつ円滑に遂行するために利用いたします。

2.個人情報の取得
 当組合は、個人情報の取得にあたっては、適法かつ適正な手段により行います。

3.個人情報の第三者への開示・提供
 当組合は、次の場合を除き個人情報を第三者に開示・提供いたしません。
・組合員本人の同意がある場合
・人の生命、身体または財産の保護のために必要がある場合であって、組合員本人の同意を得ることが困難である場合
・利用目的の達成に必要な範囲内において、業務委託先および提携先に提供する場合
・国や地方公共団体の機関等が公的な事務を実施するうえで、当組合の協力を得る必要がある場合であり、当組合が目的が入用を行うことについて、本人の同意を得ることが当該事務の遂行に支障を及ぼす恐れがある場合
・その他法令に基づき第三者に対する開示または提供が認められる場合

4.個人情報の安全管理措置
 当組合は、組合員の個人情報に関し、情報の漏洩、滅失、既存、改ざんなどを防止するため、適切な安全管理措置を実施いたします。
 また、個人情報を取り扱う全ての役職員を対象に教育を実施いたします。

5.個人情報の正確性の確保
 個人情報については、利用目的の達成に必要な範囲内で正確かつ最新の内容に保つよう努めます。

6.委託先の監督
 当組合は、事業運営上業務の一部を委託し、業務委託先に対して必要な範囲で個人情報を提供することがあります。
 この場合、当組合はこれらの業務委託先に対して適切な監督を実施いたします。

7.個人情報の開示請求
 個人情報について開示を希望される場合には、当組合は法令に基づき、組合員本人からの申し出であることを確認したうえで適切かつ迅速に開示いたします。
 ただし、次のいずれかに該当する場合には開示できないことがあります。
・組合員本人または第三者の生命、身体、財産その他の権利・利益を害する恐れがある場合 ・当組合の適正な事業運営に著しい支障を及ぼす恐れがある場合
・法令に違反することとなる場合

8.個人情報の訂正、削除、利用停止等
 個人情報について訂正、削除、利用停止等を希望される場合には、当組合は、組合員本人からの申し出であることを確認したうえで、法令に基づき遅滞なく訂正、削除、利用停止等をいたします。
 ただし、訂正、削除、利用停止をすることにより当組合の事業運営に著しい支障を及ぼす恐れがある場合についてはお断りさせていただくことがあります。

9.個人情報の保護の改善・向上
 個人情報の保護については、継続的に改善・向上を図ります。

10.個人情報の開示、訂正、削除、利用停止等の請求手続き
 個人情報の開示、訂正、削除、利用停止等の請求手続きについては、当組合にお問合せ下さい。

 電話番号052-932-1801